teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:12/25 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1月27日に言いたかったこと

 投稿者:御礼池田治夫メール  投稿日:2007年 1月29日(月)09時42分25秒
  通報
  http://kore.mitene.or.jp/~rinsan/PFSloan.htm     から

Eve Of Destruction
この曲は1965年9月25日アメリカでバリーマクガイヤがNo1ヒットとさせたものですが、1993年にこの曲を作詞作曲した、P.F.スローン(日本では孤独の世界で当時知名度あり)が歌詞を90年代に置き換えて自ら歌っています。 もと詞は反戦メッセージの強烈なものでしたが、93年版では自然破壊に対するメッセージソングとなっています。
紙芝居の原案のくしゃみを作っていて、CDを聴いたら偶然にも同じような内容だったので記載しました。
               Eve Of Destruction
                 Written by P.F.Sloan 1993
      Lord, the Western world, it is in danger
      So many years have gone by
      Seems so little has changed here
      Taking hi-teck polls while the fabric decays
      When power is in the hands of the few
      How much the innocent pay
      And my fears for you America
      Are never far away

      *But you tell me
      Over and over and over again, my friend
      No you don't believe
      We're still on the Eve of Destruction

      And I think of this blue earth
      Her little mountains and rain forests
      Then I take a look around and see you
      Turn the oceans into deserts
      You want to cut it down
      Till all the air is brown
      In the name of progress and haste
      Till there's no room for the living:
      animal, river or lake
      And in our ignorance we suffer
      For the Selfish choices that we make

      * Repeat

      Yes I know you can understand
      What I'm trying to say
      I know you've seen the madness
      That has led up to today
      Some of us believe the time is now
      For a few Enlightened age
      Where the business of life runs in harmony with nature
      Because nature reflects the beauty within yourself yea
      And just this change in attitude
      Would ring out the Liberty Bell
      For the hungry and the hopeful and the helpless as well

      * Repeat

      At the source of the silence
      You hear a song of creation
      Transcends the borders of my mind's imagination
      Now they may twist the truth
      But it knows no separation
      Cause the truth is in your spirit kid,
      Like in the spirit of the nation
      We're the keepers of this dream
      Thru the pride and disgrace
      Thru the killing of the planet by industrial waste
      Rligion fighting religion
      And there's race against race
      But we'll keep our dream alive
      And growing stronger every day
         明日なき世界 (94バージョン)

      神よ、西洋世界は滅亡の危機
      もう何年も経ったのに、ほとんど何も変わっていない
      テクノロジーは進歩しても社会はガタガタ
      権力は少数の人間の手に握られたまま
      無知な人々はどれだけの支払いを
      しなければならないのだろう
      アメリカよ、ぼくはおまえに感じてきた不安は
      少しも消えてはいない

      * だから友よ
      何度も何度も繰り返し、語ってくれ
      いや、いや、君は信じまい
      僕らがまだ滅亡の前夜に生きているということを



      たくさんの山々と熱帯雨林
      僕はこの緑の地球のことを考える
      そして見回すと海を砂漠に変えるやうらがいる
      君たちは空気が茶色になるまで
      進歩の名において、緊急を叫びながら
      森の木々を片っ端から伐り倒して行く
      川や湖がなくなろうが、
      動物たちの棲処がなくなろうがおかまいなし
      そして何も知らなかった僕らは
      ぼくらの利己的な選択の結果
      莫大なつけの支払いに苦しんでいるのだ

      * 繰り返し

      僕が言おうとしていること
      君はわかってくれるね
      今日まで続いてきた狂気をきみは見てきたはず
      時はいまだと感じている人も少なくない
      新たな覚醒した時代を拓かなくては
      人生の真のビジネス
      それは自然との調和の中で営まれるべきもの
      だって自然はあなたの内面の美しさの反映
      こんな小さな態度の変化がやばて自由の鐘を鳴らすのだ
      絶望している人々、希望に燃える人々
      そして飢えた人々、すべての人々の上に

      * 繰り返し

      沈黙のみなもとで耳をすませば
      聴こえてくるのは創造の歌
      僕の創造の限界を超えて遠くまで響きわたる
      この真実をやつらは隠そうとするのだろうが
      かってこの国の始まりがそうだったように
      若者たちよ、真実はきみたちの熱い胸の内側にある
      誇りを持って、
      時には恥じることも恐れず
      僕らはこの夢を抱き続けていこう
      どんなに産業廃棄物によってこの星の汚染や
      殺戮が進んでも
      異なる宗教や人間間の戦いが続こうとも
      僕らはこの夢を枯らすことなく
      毎日を強く、一歩ずつ成長しながら生きていこう

http://ikedaharuo.at.webry.info/

 
 
》記事一覧表示

新着順:12/25 《前のページ | 次のページ》
/25