teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 3日(月)23時40分0秒
返信・引用
  > No.137[元記事へ]

もう届きました。本当は昨日届いていたのですが再配達で今日に・・・
流石、国内の販売店は違います。海外からだと1週間は掛っているところかな?

早速、開封してみると本体、充電器、USBケーブル、変換コネクタ、説明書が
入っています。説明書は英文の両面印刷されたもの・・・実にシンプル!

どれどれと使ってみると中々良いじゃないですか(笑)
60MHzまでをフルスパンで、そして3バンドに分割してスパンしたり、拡大したり
出来るようです。

台風が明日来るのでECHO8Gは倒してしました。
7MHzが少しずれているようなので測ってみたいところでしたが、後日の楽しみに
取っておくことにします。
 
 

アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 1日(土)12時49分13秒
返信・引用
  アマチュア無線を再開してアンテナを立てるとSWRが気になります。
昔ながらにSWR計でプロットしても良いのですが、最近は小さな筺体のディスプレイに
SWRがグラフィック表示されるアンテナアナライザーがあることに気が付きました。

周波数範囲、ディスプレイの有無などで10,000円~60,000円位で色々な製品があります。
HF帯と50MHzがカバーできれば良いかと、またスマホをBTで接続しグラフィック表示できる
ものもありますが、これまたちょっと使い勝手が悪そうなので一体型が良いかと。

ということで値段も手頃(24,000円位)なSURECOM社製SA-160を注文しました。
 

アワード

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 6月28日(水)21時12分17秒
返信・引用 編集済
  数日前に交信した局からダイレクトでQSLが送られて来たので一体何事かなと・・・
封を開けてみると何でも「JCA」というアワードに挑戦されているとのこと。
私もアワードをいくつか集めたこともありましたが、確か中学2,3か高校1の頃のことで、
それ以来まったく・・・よくあるWACやDXCCなんて~のにもまったく興味なし。

ところで今回、聞いたこともなかったアワードなので調べてみました。
1997年から発行されているらしく、それだったら運用を中断する前なので、聞いたことが
ありそうなのですが・・・まったく。
まあ惰性的に続けていたころなので記憶がないのかも知れません。
JAIAクラブアワード(JCA)規約を見てビックリ!
サフィックス1文字、2文字、3文字の全局と交信してQSLを得るというもの・・・
そりゃ大変ってすぐに思っちゃいました。
だって日本ではQ符号にあるコールは割り当てられていないのですから、QSLとかQTHとかね。
海外の局ならあるのかも知れないけれど、そりゃもう大変なことはすぐに想像ができます。

すでにハム人口のピークから減少している中、さらに大変だろうと思うばかり・・・
20年経過していて、まだ完成した人はいないらしい。
これから20年、私なんて人生終わっちゃいますから・・・笑っちゃいます。
でもまあ気長にやれる所までと思ってやるのも良いかな~って・・・妙にそんな気分になりました。
 

再開後の初DX

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 6月18日(日)17時59分38秒
返信・引用
  午後になって50MHzをワッチしていると台湾の局が強烈に入感しています。
私はほとんど電話では交信しないのですが呼ぶと応答してもらえました。
まあ距離的には長崎からだと台湾も北海道もほぼ同じなので届いても不思議はないのですが・・・
その後、今度は電信で台湾の局がフェージングを伴って聞こえてきました。
ちょっと無理かなと思いつつ呼ぶと、これまた応答がありました。

送信出力5W、アンテナはスクエアロ、地上高は5m位かな?結構飛ぶようです。
ただ、ちょっと訳ありでロケーション的には我が家が高台にあり、一方は緩やかな斜面になっていて
下の道からはGLが25m位高いので、地上高30mに上げていると言えないこともないんですよね(笑)
 

出かける前にワッチ

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 6月17日(土)08時51分47秒
返信・引用
  出かける前に50MHzをワッチ。
強くはないもののEsが出ていて1、0、8エリアと交信できました。

最近はJCC/JCGナンバーを入れるのがお作法なのか?
CQの最後に数字を入れるのですが、いきなりの短縮形・・・あ!電信の話です(笑)
あ~ね~と分かりはしますが、こういう場合は数字はそのまま流した方が分かり易いんじゃないかな?
私だったら「4UTA」じゃなく「4201」とたたいた方が良いんじゃないかな~まあいいや!
 

Re: 本当にお久しぶりです

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 6月16日(金)08時30分11秒
返信・引用
  あら~!おひさしぶりです~!エコ親父さん

そうでしたか。アマチュア無線もされていたんですね。
復活されてお空でお会い出来たら良いですね。

リグも懐かしいのが並んでいますね。
私はFT817ND(5W)です。
他にもあるんですけど箱に入れたままです。

データはもう少し内容を把握しないと良く分かりません。

カメラは私も疎遠になっていて最近はラジオと木工です。
この掲示板でラジオの話が出来る人がいるのは嬉しいことです。
 

本当にお久しぶりです

 投稿者:エコ親父  投稿日:2017年 6月16日(金)07時34分39秒
返信・引用
  vasolzaさん、本当にお久しぶりです。
最近はカメラ系ネタは疎遠になってしまっています。

近頃は大学時代に持っていて20年以上失効してしまっている局免を復活させるべく、とりあえずリグの収集をしています。
大学時代は弱小無線部の部長もしたことがあるのですが、その時から4アマのままです。
復活しても10wで十分ですね。CWがしたくなったら3級以上にステップアップさせていこうかと…。
4エリアは昔のコールサインで再免許できるようですね。
まずは書類作成を頑張ないといけませんが、どうせ復活させるならPCと繋いでJT65等々色々楽しんでみようかと思っております。

それまではデジ簡と市民ラジオで楽しみます。これも思いがけずDXできたりしますから楽しいんですけどね。

 

コンテストの多さにびっくり!

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 6月11日(日)07時47分22秒
返信・引用
  再開し7MHzを中心に聞いていると"TEST"の多いこと多いこと、土日は毎週、
何らかのコンテストをやっています。
以前はJARL主催が主で、少し支部主催のものがあったように記憶していますが、
今やどこかのクラブ主催というのもあって「なんじゃそりゃ?」って気がします。

ところで聞いていると、どのコンテストに参加しているのかさっぱり分からない。
一様に「コンテスト」「TEST] と言っているのですが、何のコンテストか探して
規則を見てみると○○コンテストと呼び掛けるように書いてあります。

中にはコンテストナンバーの構成が違うものがあって区別はできるものの、一体
呼ぶ方も呼ばれる方も、よく識別できるものだな~って思ってしまいました。

どうしてここまでコンテストが増えたのか?理由が分かりません。
JARL主催の位にして他は一掃した方が良いんじゃないかって思います。
 

交信証明印

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 6月 2日(金)08時25分48秒
返信・引用 編集済
  あっはっは!(笑)
以前の私ならこういうアイテムは作らなかったのですが、面白半分で作ってもらいました。

頭の中には安藤印店は残っていたので古いCQをめくり電話。
「今も作っていますか?」と問い合わせをすると「JARL NEWSを見ましたか?」とのこと・・・
JARL NEWSに載っていることに全く気が付きませんでした。

送料を入れて1000円ちょっと。何と安価なこと。
 

Eスポ

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月28日(日)18時59分22秒
返信・引用
  今日は朝からEスポが出ていました。
このスクエアロでも1エリアと交信ができました。
出力は5W。昔は1Wや3Wが当たり前でしたので、まあそれなりのパワーです(笑)
飛びはするのですが段々良いアンテナをと思うのは性でしょうか?
 

Re: アマチュア無線再開の準備

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月24日(水)19時51分4秒
返信・引用
  > No.127[元記事へ]

レポート面を載せていませんでした。
これもオリジナルです。
帯の下にはURLを書いています。
 

Re: アマチュア無線再開の準備

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月22日(月)22時38分47秒
返信・引用
  > No.124[元記事へ]

本日、注文していたQSLが届きました。
5/13(土)に入稿したので足掛け10日。十分な早さだと思います。
昔は2週間以上は掛っていたんじゃないかな・・・

長崎と言えば、まず浮かぶのは何?
と数人に聞いてみると一様にカステラと返事が返って来ます。
それならばとカステラの断面をイメージして作ってみました。
色も指定したとおりで全く問題ありません。

仕上がりは上々。これで送料、税込で3,000円しません。1000枚で。
イロドリというネットプリント会社です。
今回は会員登録をしたので1000円おまけしてもらえて2,000円掛っていないのです。
実は・・・
 

50・144・430MHzマルチダイポールアンテナ

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月20日(土)14時20分22秒
返信・引用
  50MHz、144MHz、430MHz用のアンテナを作りました。
何てことないマルチダイポールです。

その昔、50MHzでスクエアロー(タニーというメーカーだったかな?)というアンテナが流行りました。
格好だけはスクエアローですがマッチングはメーカー製がガンマーマッチだったのに対してバランも何もなしの同軸直付け!

おまけに144MHzと430MHzの垂直ダイポールをパラ接続しています。同軸は5C2FB・・・そう75Ωです。

いつからかアマチュア無線機の出力インピーダンスが50Ωになってしまったのですが、昔は75Ωも当たり前だったんですけどね?
 

鳥がとまるんです・・・

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月14日(日)19時03分0秒
返信・引用
  朝晩よく鳥がとまるんです。。
お陰でアルミの針金で作ってあるハットが少し曲がっています。
 

アマチュア無線再開の準備

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月13日(土)17時55分6秒
返信・引用 編集済
  2000年以来QRT状態でしたが再開してみようかという気になって準備を進めています。

無線機はQRTの最中に気まぐれで買ったFT817NDが一番新しいものです。
最大で5W出るらしいのですが1WのQRPでやってみようかと・・・
アンテナは45年前のバーチカル・・・私ももの持ちが良いもので(笑)

今日はQSLを発注しました。
実は25年前に作ったQSLの残りがありますが住所が違いますし新調しました。
世はインターネットの時代。入稿もインターネットです。
校正が何と1時間30分後に送られて来ました。
すぐに校了!あとは到着を待つばかりです。早っ!ビックリ!
製品が届いたらまたレポートすることにしましょう。
 

Re: ECHO8G・・・その後

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 5月 2日(火)15時44分19秒
返信・引用
  > No.122[元記事へ]

7MHzのSWRが高いようなので点検しました。
14,21,28MHzは良さそうなので7MHz用のトラップを分解しました。

7MHz用のトラップの上下をテスターで測ると導通が悪かったので、錆びて接触不良を起こしているだろうと・・・
案の定、アルミ特有の白い錆が出ていて、それが接触不良を起こしていました。(1枚目)
これを取り除いて全体を水洗いし汚れを落としてやりました。(2枚目)
結果は良好!高かったSWRも下がりましたので、で7,14,21,28MHzにはオンエアできそうです。

元々Echo8Gにはキャパシティハットは付いていないのですが付けてみました。(3枚目)
 

Re: ECHO8G・・・その後

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 4月30日(日)16時54分1秒
返信・引用
  > No.121[元記事へ]

7,14,21,28MHzのラジアルを1本ずつ張りました。
今日はオールJAコンテストがあっていてたくさんの局が聞こえます。

まだSWRは測っていませんが、オンエアまでには測ってみようかと。
 

ECHO8G・・・その後

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 4月23日(日)07時39分23秒
返信・引用
  2010年10月に復活させて、その後取り付け場所を変えながら今度が3か所目。
アマチュア無線を再開しようと準備を始めました。
 

ラジオの箱

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 1月15日(日)17時01分50秒
返信・引用
  このラジオは私が中学1年生の時に作った5球スーパーです。
大きな声では言えませんが、もうすぐ半世紀前になるのですから自分でもビックリです。

それが昨年の熊本地震で棚の上から落下しました。パネルだけでカバーはありませんので、

プラスチックのパネルは割れて使用不可。
スピーカーはコーンが破れた上にコイルへつながる線が2か所で断線。
真空管も5MK9と6AR5が割れて破損。

スピーカーのコーンは接着剤で補修。断線は撚り線の1本を使ってつないで音が出るように
なりました。その他は大きなダメージはありませんでしたので箱に入れて再生しました。

実はこのラジオはよもやま話の突然の火花で紹介しているものです。
その証拠が3枚目の写真。プラグの2本に焦げた痕が分るでしょう。
ここにペン先を押しつけてしまい火花が飛び散ったという話です(笑)
 

テスターの箱

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 1月15日(日)15時20分37秒
返信・引用
  テスターはやっぱりアナログが使い易そうに思います。
最近は電子工作から遠ざかっていましたので放置したままになっていた
テスターを入れる箱を作り、テスター棒も片方が欠損していたので新調。
準備万端ですが、さりとて何か作るあてもなく・・・とりあえず。
 

レンタル掲示板
/7