teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: JCC/JCGナンバーを検索

 投稿者:vasolza  投稿日:2018年 1月 1日(月)20時26分8秒
返信・引用
  このソフトをパソコンで使えないものか?調べるとありました。
Nox App Playerというエミュレーターが良さそうです。早速インストールしてみました。

1枚目が起動画面、2枚目がオープニング画面です。
そして3枚目が「JCCLookup」で検索を掛けて見た画面です。

これでパソコンのキーボードが使えますので楽ちんです。
スマホやタブレットでも良いのですが数字の入力がキーボードの方が大きくて楽なのです。
あ~!嫌だ!嫌だ!OTが拡大鏡を掛けてはんだ付けをしている姿を見ていたのに・・・
その年になっちゃいました。

あらら!話がそれましたが、このソフトとエミュレーターはお勧めです。
 
 

JCC/JCGナンバーを検索

 投稿者:vasolza  投稿日:2018年 1月 1日(月)20時13分9秒
返信・引用
  最近はJCC/JCGナンバーをCQの際に送るのが普通のようですし、QSOでも地名に代えて送っています。
QRMやQSBがあってコンデションが悪い時には有効なのでしょうけれど数字を聞いてもど~もピンと来ません。
もっとも最初の2文字は県名を示しますのでコールサインと合わせて大体どの県かは分かります。
ただそのあとになるとさっぱり(笑)
HAM NOTE BOOKを片手に探すのですが、これがまた近眼の老眼の目には大変!
眼鏡をずらせば見えるのですが、これがまた面倒だし「あ~おれも歳を取ったな~!」って思う次第で…
じゃあ、EXCELの表にして検索すればと思いながら、たぶん同じような思いをしている人はいるだろうからと探しました。
ありましたよ!Androidのソフト。その名もズバリ「JCCLookup」というものです。
さっそくスマホにはダウンロードしてみました。なかなか良いようです。
 

コンテストを整理してはどうかと・・・

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年12月 2日(土)09時44分44秒
返信・引用
  7MHzでは今朝もコンテストに参加している局が多数聞こえている。
「FQP TEST」と送っているのでネットで調べてみると「第9回FCWA CW QSOパーティー」
であり福島CW愛好会が主催しているらしい。
明日は「第34回KCWA CWコンテスト」を京都CW愛好会の主催するみたいだ。
京都の方が歴史は長いようだけど・・・
これらの愛好会には愛好会の考えもあるのでしょうが、こんな似たようなコンテストは
JARLでまとめて一本化できないものかと思うのは私だけでしょうか?

大体、毎週のようにコンテストがあっているのは良いことかどうかは分かりませんが、
ちょっと違和感というか・・・何だかな~って気がします。

1990年代の後半になり、まあコンテストばりにRST、QTH、NAMEのみの交換で味気ないな
という思いがあって、しばしのQRTを決めたのだけれど、15年振り位に再開してみると、
それがコンテストという、ある意味、さらに簡略化した形になっていて驚いてしまいます。
コンテストだから送るのはコンテストナンバーだけ、交信はRSTの交換で成り立つだろうから
単純に交信数を増やすだけならこれほど合理的な手段はないと思いますが・・・

コンテストが悪いとは思いません。ただ、少し整理しても良いのかな~って思いませんか?
 

LA1って何だろう?

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 9月24日(日)09時36分19秒
返信・引用
  今朝から7MHzをワッチしているとJCCナンバーに続けて/LA1を入れて
CQを出している局に遭遇した。
JCC****はよく聞くが、これに加えるのでJCC****/LA1となる。
みんな気にもせず呼んでいるのだが、これは一体何を意味するのか?
 

Re: ECHO8G+50MHz

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 9月10日(日)09時44分42秒
返信・引用
  朝から50MHzのラジアルを張りVSWRを測定しました。
VSWRが下がりBWも広くなり若干改善されました。

 

ECHO8G+50MHz

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 9月 9日(土)19時15分3秒
返信・引用
  ECHO8G(7,14,21,28MHz)に50MHzのエレメントををプラスしました。

写真のように10cm張り出して取り付けていますのでエレメント長は約138cmです。
ホースバンドを使いましたので調整は楽でした。
ただ、まだ50MHz用のラジアルを張っていませんので追加しようと思います。

VSWR特性は写真の通りです。

 

BEAM EXCHANGER

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月14日(月)08時41分53秒
返信・引用
  こんなものが段ボール箱から出て来た。
位相を変えてビームを切り替えていたんだろうけれど?

これは室内のコントローラーなので屋外の本体があったはず・・・
どんなアンテナを作ったのか思い出せません。
 

50・144MHzのオールモード・トランシーバー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月13日(日)06時44分54秒
返信・引用
  これは作った記憶が薄らと蘇って来ました。
でも、いつ頃、作ったんだろうか?20年くらい前かな?
PLLで50・144Mzをフルカバーしている・・・お~!良く作ったな~!と感心。

上カバーもないので埃が積もって哀れです。
 

3バンド送信機?

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月13日(日)06時36分54秒
返信・引用
  3バンド受信機と組み合わせて使おうと作ったのだろうか?
基板に書いている文字を見ると1.9、3.5、7MHzの送信機らしい・・・
フィルタもないのでDSBなんだけど・・・
そして送受切替回路もなくアンテナに直結している。何だろう?

使っている部品は購入した記憶があるのだけれど・・・分らない。
 

3バンド受信機

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月12日(土)18時50分8秒
返信・引用
  1.9、3.5、7MHzのトランシーバーと書いたのはHPで紹介している7MHz SSB/CW 受信機
3バンド化した受信機でした。
これなら感電することもないし電源とアンテナをつないでみました。

お~!!聞こえます!私の今のメインリグであるFT817NDと比べても遜色ありません。
この受信機を紹介してから「同じ構成で作ってみたけれど感度が良くない」という感想を
ネット上で見たことがあったのを思い出しました。
その時は「へ~?そんなことないんだけどな~?」と思ったのですが、感度が悪い原因は
IFTの巻き方だったのでしょう。多分?

写真は機器の顔ですがアルミの錆が出ています。もう一枚は内部です。
メイン基板、3バンドの局発基板、複同調とDBMだけで高周波増幅はありません。

流石に経年変化でボリュームがガリっていますが使っている内に治るでしょう。
ちょっと楽しめそうです(笑)
 

UY807シングルGKリニア

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月12日(土)06時20分40秒
返信・引用
  UY807シングルのGKリニアのカバーを外してみました。
これとは別に電源を組んだ同じ大きさのケースがあり、恐らくこのリニアの
電源かなと思っていたのですが・・・
何と自分でもビックリ!このリニアはトランスレスで4倍電圧整流しています。
動作についてはもう全く記憶がないのですが・・・動いたんだろうか?
 

こんなものを発掘

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月11日(金)11時25分31秒
返信・引用
  え~!こんなものを作ったっけ???

UY807シングルのGKリニア・・・は作った記憶があります。

1.9、3.5、7MHzのトランシーバー・・・
50、144MHzのオールモード・トランシーバー・・・は思い出せない!!!

もう一つのバーニアダイヤルのは何だろう???
 

フィールドデーコンテスト

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 8月 6日(日)20時24分38秒
返信・引用
  昨日からフィールドデーコンテストが開催されていましたので20局ほどとQSOしました。
1999年のQSOパーティー以来の参加となりました。
私は5WのQRP運用ですが7,14,21,28MHzでそれなりに届いていたようです。
QRPって相手の受信技量に頼るところが大きいので「取ってくれてありがとう」です。
 

アマチュア無線その1

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月30日(日)17時54分15秒
返信・引用
  ほとんど土日にしかワッチしませんが、どのバンドも閑古鳥が鳴いています。
7MHzがやっとそれなりに聞こえる程度。
3.5MHzはローカルQSOらしきものが聞こえます。
そして14MHzも21MHzも28MHzもほとんど雑音ばかり。
新バンドの10MHz、18MHz、24MHzの方がまだ聞こえます。
そして50MHz、144MHz。50MHzに至ってはまず信号は聞こえません。
Esが出るとちょっとは聞こえますが・・・
144MHzも顔なじみ同士のQSOが時々。
以前ならチャンネルキーパーのような人がいて番をしていたものですが(笑)

まあスマホがこんなに普及してしまうとアマチュア無線なんてね~分ります。
ただラジオ少年としては、こうまで衰退してしまうとちょっと考え込みますね。
 

アンテナアナライザーで調整

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 6日(木)08時06分16秒
返信・引用
  アンテナアナライザーで7MHzの共振周波数が低すぎることが分りました。
キャパシティハットを外して少し上がり、ラジアルをカットしてSWRが改善しました。

14MHzはラジアルをカット。共振周波数はそのままですがSWRは改善しました。
21MHzはラジアルをカット。共振周波数も少し上がりSWRも改善しました。
28MHzはラジアルのカットなど何もしていませんが、共振周波数が上がりました。

最後のはSWR軸を拡大したものです。7MHzと14MHzがもう一歩の調整が必要かな・・・
 

Re: アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 5日(水)07時44分24秒
返信・引用
  > No.139[元記事へ]

キャパシティハットを外して再測定しました。

どちらもセンター7.3MHz、スパン5.4MHzで7MHzを測定。
中心周波数が120KHz上がりました。

ん~もうちょっとだな!
あとはラジアルを少し詰めてみようかと・・・
 

Re: アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 4日(火)20時58分32秒
返信・引用
  4枚目はセンター21.1MHz、スパン5.4MHzで21MHzを測定。
最もSWRが低いのは20.38MHz。これも21MHzバンド内では十分かと?

5枚目はセンター28.0MHz、スパン5.4MHzで28MHzを測定。
最もSWRが低いのは27.96MHz。ただ28MHzバンド内では十分かと?
 

Re: アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 4日(火)20時52分18秒
返信・引用
  > No.138[元記事へ]

1枚目はセンター17.3MHz、スパン27MHzでECHO8Gを測ったSWR特性です。

2枚目はセンター7.3MHz、スパン5.4MHzで7MHzを測定。
最もSWRが低いのは6.64MHz。ちょっと下がり過ぎています。
トップハットを付けたのが裏目に出たようです。

3枚目はセンター14.1MHz、スパン5.4MHzで14MHzを測定。
最もSWRが低いのは13.78MHz。ただ14MHzバンド内はまあまあかと?
 

Re: アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 3日(月)23時40分0秒
返信・引用
  > No.137[元記事へ]

もう届きました。本当は昨日届いていたのですが再配達で今日に・・・
流石、国内の販売店は違います。海外からだと1週間は掛っているところかな?

早速、開封してみると本体、充電器、USBケーブル、変換コネクタ、説明書が
入っています。説明書は英文の両面印刷されたもの・・・実にシンプル!

どれどれと使ってみると中々良いじゃないですか(笑)
60MHzまでをフルスパンで、そして3バンドに分割してスパンしたり、拡大したり
出来るようです。

台風が明日来るのでECHO8Gは倒してしました。
7MHzが少しずれているようなので測ってみたいところでしたが、後日の楽しみに
取っておくことにします。
 

アンテナアナライザー

 投稿者:vasolza  投稿日:2017年 7月 1日(土)12時49分13秒
返信・引用
  アマチュア無線を再開してアンテナを立てるとSWRが気になります。
昔ながらにSWR計でプロットしても良いのですが、最近は小さな筺体のディスプレイに
SWRがグラフィック表示されるアンテナアナライザーがあることに気が付きました。

周波数範囲、ディスプレイの有無などで10,000円~60,000円位で色々な製品があります。
HF帯と50MHzがカバーできれば良いかと、またスマホをBTで接続しグラフィック表示できる
ものもありますが、これまたちょっと使い勝手が悪そうなので一体型が良いかと。

ということで値段も手頃(24,000円位)なSURECOM社製SA-160を注文しました。
 

レンタル掲示板
/7