teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 7月18日(土)07時04分39秒
  「三叉(みつまた)」の「路(みち)」と書いて、

 【三叉路(さんさろ)】!

 なるほどね~!!


 「叉(また)」の音読みは「サ」。

 「叉」という漢字は、

 指の間に物をはさんだ形を描いたもので、

 Y型をしていて物をはさみ、または突くものをすべて「叉」という。


 似た漢字で、「又(また)」がありますが、

 これは、物をかばう形をした「右の手」を描いたもので、

 なんと、右の原字!

 外から輪をかけたようにかばう(佑)の意を含み、

 転じて、輪をかけて、さらにそのうえに、

 のような意味の副詞となる。


 「又」と「叉」、似てるようで、

 出所は何の関連性もないんですねー。
 
 

茨田の由来

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 5月31日(日)10時09分31秒
  茨田安田地方は、淀川と旧大和川北辺に接した洪水害の多い低湿地であった。「古事記」では仁徳天皇が茨田堤を築いたとされ、また「日本書紀、仁徳天皇11年の条」にも「茨田(まんだ)の堤」と記されている。従って早くから開発の行なわれた地域であるが、湿地帯であることと旧大和川の氾濫などで遅々として工事は進まなかったと思われる。「日本書紀」では治水工事に功績のあった河内の茨田連袗子(マムダノムラジコロモコ)の名にちなんで名づけられたとしている。

平安初期の「倭名抄」では、「茨田」を「万牟多(まむた)」とよみ、後に「まんだ」と呼ぶようになり、「まった」となったのは明治時代になってからと言われる。 この地方が大々的に開発されはじめたのは江戸時代に入ってからで、深野池の埋立て、「鴻池会所」等に見られる旧大和川の付けかえ工事等の大土木工事が行なわれたのである。現在この地の字名に田、堤、浜、津、堀上げ、坪、川のつくものが圧倒的に多いのは、この地の開発が川や水との戦いであったことを物語っている。


-文化財保護課-
 

(無題)

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 5月29日(金)06時44分7秒
  コトノハ・言の葉
【葛の裏風】(くずの うらかぜ)
 クズの白い葉裏を返して吹く風。
 赤染衛門集「かへりもぞする葛のうら風」
  《広辞苑・第五版》

 葛はその根から葛湯や葛餅の元になるデンプンが得られること、蔓からは繊
 維を取り出して布を織ることが出来ることなどから、古くから人の生活に密
 着した植物でした。
 太陽の光をことのほか好むこの植物は、陽の当たる山の縁辺部や、街中では
 線路脇の砕石の間などに広く生える姿を目にします。

 葛といえば、春の終わりから夏の初めにかけて紫色のきれいな花をつけます
 が、この花はきれいな割にあまり注目されることはないようです。あまり注
 目されない理由は、その花を隠してしまうほど大きな、そして多くの葉っぱ
 が葛の全体を覆っているからでしょうか。

 葛の裏風とは、この大きな葛の葉を裏返すように吹く風のことです。
 葛の葉は表面が緑色で裏側が白っぽい色をしているので、葉が裏返るとそこ
 だけ色が違って目立ちます。
 夏の炎天の下で、土手を覆い尽くす無数の緑の葛の葉の海を、白い波が渡っ
 て行く光景は、そこを風が吹きすぎていることを示しています。

◇葛の葉
 「葛の葉」は、安倍晴明を産んだ女性の名前とされます。この女性は清明の
 父、安倍保名に助けられた白狐が美女に化けたときに名乗った名前で、保名
 の妻となり清明を産むことになりますが、ある日その正体がばれて

  恋しくば尋ね来て見よ和泉(いずみ)なる
        信太(しのだ)の森の恨み葛の葉

 の歌を残して、古巣である信太の森に帰っていったと言う伝説があります。
 この歌にある「恨み葛の葉」ですが恨みの語は

  恨み → うらみ → 裏見

 と連想できることから、歌では「恨み」を「裏見」にかけて詠むことがある
 そうです。葛の葉の裏を見せる風を「葛の裏風」も、裏見の風。
 葛の葉と名乗った清明の母の思いは今も風となって葛の葉の上を吹きすぎて
 いるのかもしれません。
 広辞苑の用例で引かれている赤染衛門集の歌は

  うつろはでしばし信太(しのだ)の森を見よ かへりもぞする葛のうら風

 これは、赤染衛門から和泉式部に贈られたもので、「葛の葉」の伝説にかけ
 て詠われた歌でした。

 あちこちに生え拡がって、その旺盛な生命力の葛。
 拡がった葛の葉陰の何処かに狐が隠れているかも知れないなんて想像しなが
 ら、葛の裏風が吹く様を眺めてみると、暑い夏でも気持ちよく、楽しく過ご
 せるかも知れませんね。
 

七仏薬師

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 5月23日(土)08時39分52秒
編集済
  願来寺  住所:京都府福知山市字長田794  問い合わせ先:0773-27-6481

金福寺廃寺(福知山市筈巻)

清園寺 住所:京都府福知山市大江町河守81  電話:3‎0773-56-0065‎

清園寺(氷上郡市島町)

成願寺(宮津市小田宿野)

多禰寺(舞鶴市多祢寺)

日光寺(廃寺・舞鶴市福来)

如来院(大江町仏生寺)
薬師寺廃寺など(西舞鶴地区)
七仏薬師信仰
 

(無題)

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 2月27日(金)15時42分9秒
  ★十二柱神社★ 奈良県桜井市出雲650

・旧社格は村社。
・祭神は神世七代の神(國常立尊、國狹土尊、豐斟渟尊、泥土煮尊、沙土煮尊、大戸道尊、大戸邊尊、面足尊、惶根尊、伊弉諾尊、伊弉册尊)と地神五代の神(天照大神、天忍穂耳尊、瓊瓊杵尊、彦火火出見尊、彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊)。
・大昔は神殿がなく、「ダンノダイラ」という三輪山の当方にある古代イズモ族の住んでいた地にある磐座を拝んでいた。
・明治初期までは一年に一度、全村人たちは「ダンノダイラ」まで登り、先祖を祀り、偲んだという。
・出雲邑の氏神。
・狛犬をよく見ると、四人の力士が支えている。


 でも、おそらく、本当の神は、熊野の母なる地、有馬に祀られた伊奘冉尊と思われる。日本書紀の内容がその暗示かもしれない。

 この地は、大和の出雲に当たる。出雲神話のために、抹殺された本当の出雲であるが、出雲風土記が完本で残るために、出雲神話が正統とされ結果、この地の人たちは山陰の出雲からの移住と伝えられているが
実際のところ、古代イズモ族という、神武東征以前よりいた先住の部族の関係を持つところであり、明治の初期までは年に一度ダンノダイラへ全村人が行っていたという話はそのことを物語るものである。この部族は大和から紀伊熊野にかけて広く分布していたと思われ、実際に、出雲での国譲りという儀式は、近畿で行われたほうが自然である。

 日根輝己という方が、「紀氏は大王だった」という本で書かれている内容は、真偽はともかく、非常に興味深く、伊太祁曽神社と日前神宮の社地交換について、それこそがイズモの国譲りであるのではないか、と言及されているのであるが、確かに、社地の入れ替えということは他に類を見ない、非常に不自然なことであり、注目に値するかもしれない。いずれにせよ、古代イズモ族の神を祀る神社の里宮と考えてもよい十二柱神社行って参った。

<<前の日記へ 火之神 軻遇突智さんの日記一覧へ 次の日記へ>>
コメントコメントを書く
癒しの手 日本晴れ 2009年02月26日 08:01 まあ いろんな場所に 高天原があったみたいだし。
国譲りの一部が伝承として残っているのでしょう。

火之神 軻遇突智 2009年02月26日 08:26 大和朝廷の大王は武力による長ではなかったので、なるべく平和裏に服属を迫らねばいけなかったために、そういうわけのわからん神話をあちこちに作ったのでしょう。
実は、ダンノダイラの近くに奥不動寺というところがあって、位置的にも、大神神社とは表裏の関係にあるようで、ここの住職が、大神神社の奥宮が雄神神社だといった人らしい。
意外と、ナガスネヒコという民族とイズモ族は同じなのかもしれない。 癒しの手 日本晴れ 2009年02月26日 22:41 私もナガスネヒコはそう思ってるよ 火之神 軻遇突智 2009年02月26日 23:14 もしかしたら、大神神社の本当の神体はダンノダイラの磐座かも知れぬな。
 

(無題)

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 2月25日(水)17時32分29秒
  日本書紀によると応神天皇14年に弓月君(ゆづきのきみ:新撰姓氏録では融通王)が朝鮮半島の百済から百二十県の人を率いて帰化し秦氏の基となったというが、  

大秦寺

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 2月25日(水)17時07分45秒
  読み方:たいしんじ
意味:[中]daqin si
○[歴]中国、唐代の景教(キリスト教ネストリウス派)寺院の名
称。
  634<貞観 8>[舒明 6]景教が波斯(ハシ)(ササン朝ペルシア)か
ら中国に伝来したことから波斯寺(ハシジ)と呼ばれたが、638<貞
観12>[舒明10]宣教師の阿羅本(アルワーン)が太宗の許しを得
て長安の義寧坊に大秦寺を建立し、また各地に建てられた。
 このことから、この宗派の発生地が大秦国(ローマ帝国)であ
ることが知られ、 745<天宝 4>(天平17)詔勅で大秦寺と改称さ
れた。
  781<建中 2>(天応元)長安に「大秦景教流行中国碑」が建立。
◎波斯寺は広義ではマニ教の寺院もさした。
 

(無題)

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 2月16日(月)17時55分42秒
編集済
  秦氏の本拠地は京都の太秦ですが、太秦と一字ちがいの大秦は漢語でローマ帝国のことをあらわしています。

太秦にある広隆寺は別名を太秦寺といいますが、太秦寺と一字違いの大秦寺(たいしんじ)

とはキリスト教の一派であるネストリウス派キリスト教寺院を漢語で現したものだそうです

ネストリウス派キリスト教は漢語では景教といい平安時代、空海が遣唐使として唐へわたったころ、唐にはこうした景教寺院がたくさんあったそうです。

平安時代よりももっと昔の応神天皇の時代(3世紀ごろ)、弓月君(ゆづきのきみ)という人が大勢の民を率いてやってきたということが日本書紀や古事記に書かれています。
当時中央アジアに弓月王国という国がありました。
弓月王国はキリスト教国で、秦氏は弓月王国からやってきたのではないかという考えがあります。

日本書紀や古事記は聖書をもとに書かれたのではないかという説もあります。

似ていることイコール元本というのは極論だと言われるのも事実で世の中似て非なるものはいくらもありますからこれがすべての根拠になるとはいえませんが

日本神道とキリスト教ってとてもよく似ているのも事実です。

日本にキリスト教が広く受け入れられたのもそういう背景あったからかも
 

13日の金曜日

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 2月14日(土)17時55分1秒
  『13日の金曜日』はキリストが処刑された事から不吉だと言われている?
⇒ 確かに「13」「金曜」どちらもキリストの受難との関連性がありますが、イエスの受難日は 「13日の金曜日」ではないとされます。

13は、(幾つかの説がありますが、その一つを説明すると) 元々13人の会食が嫌われました。これは、イエスの最後の晩餐が13人(イエスと12人の弟子)であった為です。そこから数字13自体が嫌われるようになりました。一部で誤解がありますが、イエスの受難は13日ではありません。一方、金曜はイエスの受難の曜日です。

13も金曜もイエスの受難と関連付け不吉とされていますが、教会としてはイエスの死を不吉としません。イエスの十字架こそ、神の愛、人類あがないのしるしであり、だからこそ十字架をキリスト教のシンボルとしてます。あくまでも一部のキリスト教地域の民間習俗といえます。

(余談:イタリアでは13ではなく17が不吉な数字です。これはローマ数字の17(XVII)の文字を並べ替えるとラテン語過去形の「生きた」(VIXI)となり、死と関連するとして嫌われています)


■ 14日の金曜日?
⇒ 意外かも知れませんが、聖書記述におけるイエスの受難日程には、文書により差異があります。ヨハネ福音書では「14日金曜」となりますが、共観福音書(マタイ・マルコ・ルカ)では「15日金曜」ということになります。いずれにせよ、13日ではありません。
 

産田神社

 投稿者:つきよみ  投稿日:2009年 2月 5日(木)07時28分48秒
   三重県熊野市有馬町814

((本社御祭神))

 伊奘諾尊 伊奘冉尊 軻遇突智命

((合祀御祭神))

 天照皇大神
 大山祇命
 木華開耶姫命
 神武天皇

((由緒))

天正の兵火で古記録宝物等焼失ゆえ詳ならす。崇神天皇の御代創建と伝わる。産田は産処の義にして、伊弉册尊がこの地で火の神軻遇突智尊をお産みになったが故に産田と名付けられたという。一説に伊弉冉尊が神退りました地ともいわれる。また、永正十八(1521)年十一月十四日の棟札に「奉棟上産土神社二所大明神」と見え、『紀伊続風土記』によるとこの二所大明神とは伊弉册尊と軻遇突智尊二神を指し、後に伊弉諾尊が併せ祀られるようになったと説く。以上『三重県神社誌』から。

地元に伝わる話では「崇神天皇の夢見により、ここにお祭りされていた神様を熊野に遷したのが、熊野本宮大社の始まりだといわれている。」その証拠に江戸時代までは、産田神社と熊野本宮大社では、同じ巫女舞が伝承されていたという事である。

((祭事))
1月10日  例大祭 烏帽子、布衣、帯刀の男子二人による御弓の神事を斎行
2月10日  春祭 直会の際、「ホウハン(汁かけ飯一碗、骨付きのさんまずし、赤和え、神酒)」と称される膳を頂くと厄落としができる。
11月23日 秋祭


ex) 花ノ窟神社 熊野本宮大社 熊野速玉大社 熊野那智大社 熊野大社 刺田比古神社 磐座 古代信仰 ヒモロギ 玉置神社 神倉神社 熊野三党 榎本 宇井 鈴木 穂積 有馬 火之迦具土 ヒノカグツチ イザナギ イザナミ 先住民 土蜘蛛 長髓彦 名草戸畔
 

レンタル掲示板
/13