teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2018年

 投稿者:n  投稿日:2018年 5月12日(土)16時47分29秒
返信・引用
  RT @koukouseinaoki: 第5回高校生直木賞の候補作が決定いたしました。 候補作は下記5作です。 ・『月の満ち欠け』(佐藤正午 岩波書店) ・『あとは野となれ大和撫子』(宮内悠介 KADOKAWA) ・『くちなし』(彩瀬まる 文藝春秋) ・『銀河鉄道の父」(門井慶…  
 

知りたい

 投稿者:ながねぎ  投稿日:2018年 5月 3日(木)19時51分29秒
返信・引用
  父とは互いに深く関わらないクールな関係なんですが、先日おれの机にある『月の満ち欠け』を見た父が「佐藤正午か。おれも昔『永遠の1/2』を読んでとても面白かったからその旨手紙をだしたら、大変丁寧な返事をいただいたぞ」と言い出して、めっちゃ気になったけどクールな関係なので無視した。

Toto_SaladLion (鯱のトト)
返信 リツイート いいね 5/1(火) 20:43
 

s

 投稿者:  投稿日:2018年 2月 5日(月)05時28分43秒
返信・引用
  『小説家の四季』
著者
佐藤 正午 [著]
出版社
岩波書店
ISBN
9784000611022
価格
2,052円(税込)
ネット書店で購入する
書籍情報:版元ドットコム
小説家の四季 [著]佐藤正午
[レビュアー] 週刊新潮
 昨年、『鳩の撃退法』で第6回山田風太郎賞を受賞した著者。デビュー当時と変わらず今も故郷の佐世保で書き続けている。本書はこの10年の“生活と意見”を収めたエッセイ集だ。句読点をめぐる煩悶からサイン会という難事業まで、日常の中の冒険が語られる。
新潮社 週刊新潮 2016年4月21日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
新潮社
 

 投稿者:  投稿日:2018年 1月29日(月)15時09分56秒
返信・引用
  https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1540812016040288&set=p.1540812016040288&type=3  

インスタ

 投稿者:ながねぎ  投稿日:2018年 1月28日(日)20時29分57秒
返信・引用
  https://instagram.com/p/BeXpK-ZhKnr/  

ほぼ日

 投稿者:ながねぎ  投稿日:2018年 1月28日(日)20時28分24秒
返信・引用
  http://www.shosetsu-maru.com/pr/hatogeki/  

ほぼ日

 投稿者:ながねぎ  投稿日:2018年 1月28日(日)20時27分6秒
返信・引用
  http://www.1101.com/satoshogo/2018-01-15.html  

r

 投稿者:  投稿日:2018年 1月28日(日)20時16分48秒
返信・引用
 
2018年1月28日

赤旗文化面
佐藤正午著ハトゲキ
 
 

 投稿者:  投稿日:2018年 1月28日(日)17時57分32秒
返信・引用
  桂川潤『装丁、あれこれ』(彩流社)読了。2012~17年『出版ニュース』連載の装丁時評をまとめたものだが、本全体の状況を広く取り上げているので、出版業界人以外にもおすすめ。前半の電子書籍への敵情視察的な関心が、後半でどうなるかが読みどころのひとつか。佐藤正午との仕事を語る文章もいい。
午後3:36 ? 2018年1月28日
 

k

 投稿者:mい  投稿日:2018年 1月13日(土)20時13分21秒
返信・引用
  文化のチカラ(佐世保市文化振興課)
このページに「いいね!」する ? 2017年7月21日 ?


【佐藤正午さんの直木賞受賞を祝して懸垂幕を掲示しています!】

佐世保市在住の小説家、佐藤正午さんの直木賞受賞を祝して、市役所庁舎に懸垂幕を掲示しております。

市民のみなさん、ぜひご覧になってください!

なお、お盆で帰省される方にも見ていただけるよう、8月18日(金)まで掲示しております。
 

レンタル掲示板
/41