teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/924 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

グルーヴのサマキャン

 投稿者:ノブ  投稿日:2016年 8月28日(日)10時38分9秒
  通報 返信・引用 編集済
  書き込みの時間が取れず、遅くなりましたが!

先週(8/20-21)、グルーヴのサマーキャンプにゲストとして参加させて頂きました。
そう、柴田師匠のご友人、岩田康彦校長率いる相模大野のミュージックスクール、グルーヴ。
我々もベース発表会では岩田先生のドラムをバックに弾いていますね!
師匠から、ベースゲストとして参戦しないかとお話を頂いて、この頃理論をずっと教わっているので実践の場が欲しくベストタイミングで参戦希望しました!

サマキャンで何をやるか?これがなかなか面白い。
作曲というかアレンジングというか。
先ず、各科(Vo, Gt, Dr, Ba, Kb, etc)の参加者は4バンドに分かれます。
そして課題となる3パターンの曲が渡されます。
8ビート、16ビート、ハネた16ビートの3種類で、それぞれ基本のコード進行が既に作られています。
実はVoの参加者には1ヶ月ほど前にこのコード進行が渡されていて、それらを基に自分のイメージを膨らませ歌詞を作り、全体の構成も考えておく、となっていたのですな。
Vo以外の参加者はその場で初めて3曲の原型(コード進行)を見て、そしてVoが作ってきた世界観を自分達の中に作り上げフレーズにしていくと。
もちろんバンドなので、全体のアンサンブルを考えながら削ったり盛り込んだりしていく作業です。

初日は9時集合し、2日間に渡るサマキャンの説明を受けたあと、5スタ(ベースランニングの発表会でも使ったライブスタジオ)で講師陣による一連の作曲作業見学。
8ビートやります、こんな歌詞です、とVo科のミッキー先生が爆笑歌詞を披露。それをああしようこうしようとヤス校長をはじめ他のパート先生方が手を加え、20分後には通しで1曲完成。
これで参加者は何をやれば良いかが分かるわけです。こりゃ面白いぞ!と。

各バンドが各スタジオに入りいよいよ練習開始。
10時過ぎから昼休憩をはさんで19時位までだったかな、次の日はまた9時開始で15時半まで各バンドでの詰めを行い、16時から発表会、その後打ち上げと。

さて。僕が参加したバンドでは3曲3パターンでやりました。
最初どのように皆さんに接していいか分からずジッと黙っていましたが、せっちゃん(グルーヴで会ったね!)と美穂ちゃんのお仲間の、タカヒロさんが重さを払拭してくれまして、一気に和気あいあいに。笑
昼は磯丸水産でVoの世界観を聞くためにビール飲みながらね。これも実は必要な作業で、へえこんなこと考えて作ったんだ~とか、こんな人物なのね~などと曲理解・相互理解の良い時間でした(ビール3杯飲んじった)。
2日間、とっても良い雰囲気で、なかなかお気に入りの3曲ができましたよ。
勢いで、スタジオ録音を目論んでおります~

この頃の音楽理論伝授のお陰で、コードを見て基本的なフレーズは浮かぶようになっています。以前はルート以外のプラスアルファを感覚だけで弾いていましたが。(^^:)
そしてゆっくりと考えれば、どの音を使えば良いか分かるようになってきたしフレーズも作れるようになってきました。
でもでも、即興で、例えば周りを邪魔しないフィルを入れたくも何も動かない~。
まだまだです。が、師匠とマンツーマンで教えてもらえるレッスンは貴重だしなんといっても分かりやすい。
理論と実践を組み合わせるとそれぞれの理解が深まりますな(^^)

師匠、サマーキャンプに参加させて頂きありがとうございました~~
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/924 《前のページ | 次のページ》
/924